ラッピングサービス。グリーティングカードも贈れます
クレジットカード、代引き注文当日出荷15時まで
wowowバナー
カテゴリーから選ぶ
Calendar Loading
…定休日
通信販売24時間受付中
海外発送/国際配送サービスの転送コム
PCボンバーYahoo!ショッピング店
PCボンバー楽天市場店
PCボンバーポンパレモール店
  • 企業・法人様のパソコン・家電の高価買取実施 法人買取大量在庫処分にお困りの法人・業者様 高価買取中
  • パソコン・家電高価買取の「買取けんさく君」 買取けんさく君(新品)買取価格が5秒で分かる!24時間買取リスト公開中!
  • ラクラク買取「買取けんさく君」 日本全国対応!身分証のコピーで簡単!ラクラク買取セット送料・振込手数料が全て無料!
  • パソコン・家電の高価買取「買取けんさく君中古」 買取けんさく君中古リアルタイム更新!中古買取価格がすぐにわかる買取検索システム
  • 店頭買取 店頭買取店舗まで商品をお持ち下さい。その場で即査定!即現金買取!!
  • 発送買取 発送買取ご自宅から査定希望商品をお送り下さい。送料当社負担!
  • ラクラク中古買取 ラクラク中古買取梱包キットをお届け!面倒な梱包資材の用意が一切いりません!!
  • スマホ買取 スマホ買取スマートフォン・タブレット・携帯電話高価買取中!無料査定はこちら
わけあり君
スマホ・ケータイ高価買取
ESETセキュリティソフト
ボンバーアウトレット
価格コムショップ評価
PCボンバースマートモバイルサイトはこちら

除湿機選び方ガイド
加湿器特集タブ除湿器特集タブ空気清浄機選び方ガイドタブ

除湿機選び方ガイド

夏は高温・多湿、冬は結露、そして梅雨時のジメジメと一年中対策が必要な湿気。ムシムシする空気、なかなか乾かない洗濯物...また、湿気は放置しておくと不快なだけでなく、カビや細菌の発生原因にもなります。そんな問題を解消してくれるのが【除湿機】です。
除湿機には方式やそれぞれの長所・短所があるので、使う環境や目的にあったタイプを選ぶ必要があります。あなたに最適な【除湿機】を見つけて快適な生活をおくりましょう!

除湿機比較表

除湿方式

【除湿機】は除湿方式により、大きく2つのタイプに分類できます。その違いとそれぞれの長所・短所をご紹介します。

●コンプレッサー方式

<除湿方法>

コンプレッサーを通して冷媒(フロンガス)を循環させる方式。フロンガスが熱交換器を冷やし、湿気を水滴に変えます。

長所
・湿気の多い季節でも除湿量が多いので素早く乾燥できる
・25度以上での除湿力が大きいので梅雨から夏場に最適
・消費電力が小さいのでランニングコストが安い(ゼオライト方式の半分ほど)
・運転時の室温の上昇が少ない(1℃から2℃程度)

短所
・コンプレッサーがあるため、振動音が大きい
・本体サイズが大きめで重くなることが多い

空気清浄機の仕組み


●デシカント(ゼオライト)方式

<除湿方法>

デシカントという水分の吸着性能に優れた乾燥剤(ゼオライト)を使って湿気を取り除きます。冷媒(フロン)を使わずに除湿できます。

長所
・低温時での除湿力が大きいので冬場でも使うことができる
・コンプレッサーが無いので軽量でコンパクト、動作音も静か

短所
・ヒーターを使う分消費電力が大きくなる。
・発熱量が多くなり部屋の温度が上がる。(室温上昇は3℃から8℃程度)

空気清浄機の仕組み


●ハイブリッド方式

<除湿方法>

コンプレッサーとデシカントの両方式の機構を融合させた方式。低温時の除湿能力の低下、夏場の室温上昇を抑制し、除湿、衣類乾燥を行います。

長所
・一年通して除湿能力がほぼ変わらない
・運転時の室温上昇が少ない

短所
・他の方式にくらべて、本体価格が高いことが多い

空気清浄機の仕組み
除湿能力・機能

除湿機を選ぶ上で、部屋に合った最適な面積(畳数)・機能を選びましょう。短時間で除湿したいという方は、実際に使用する部屋よりも大きめの部屋に対応する除湿機がおすすめです。

●除湿能力

除湿能力 除湿面積の目安
(L/1日)※ 木造 鉄筋
6L 7畳 14畳
8L 10畳 20畳
10L 18畳 35畳

※一日で除湿可能な空気中の水分量

●機能

<冷風>

除湿機から冷風を送る機能です。お風呂上りや暑い季節の帰宅時など、少しの間だけ涼みたいときに便利な機能です。しかし、冷風を送っている時は背面から温風が出るので、室温は上昇します。

扇風機

<空気清浄>

空気の汚れと臭いを掴まえたり、マイナスイオンを発生させて除菌や脱臭を行ったりなど、空気清浄効果が期待できます

空気清浄

<衣類乾燥>

部屋干しの洗濯物をすばやく乾燥させるための機能が、多くの除湿機には搭載されています。洗濯物の量や干している場所に合わせて効率よく乾かすような工夫がされているので、外に洗濯物を干せない方には欠かせない機能です。

Tシャツ

<カビブロック>

内部フィルターなどにカビを防ぐ効果があるものです。本体内部を乾燥させることで、除湿機内部へのカビの発生を抑制する機能を搭載しているものもあります。

カビ

<スポット乾燥>

強めの風をピンポイントに送れる機能です。少量の洗濯物を乾かすときや、押入れ、クロゼット、下駄箱などを除湿するときに便利な機能です。

風

<自動ストップ>

除湿機には、除湿によって取り除いた水を溜めておくタンクが設置されていますが、水漏れを防ぐために、タンクが満水になると自動的に運転を停止する、自動ストップ機能が搭載されています。また、湿度センサーでお部屋の湿度を感知して、一定の湿度に保つ運転ができる機能が搭載されたものもあります。

自動ストップ"
季節別

季節によって最適な除湿方式が異なります。どの季節に一番使うかで除湿方式を選びましょう。

●春 春〜梅雨メインなら【ハイブリット方式】
気温差が激しい春から梅雨までは、温度に関係なく湿度を下げてくれるハイブリッド方式がおすすめ!花粉に有効なアレル物質抑制機能や梅雨のカビ対策に有効な機能があれば、さらに効果的です。
・気温に影響されず除湿できること
・衣類乾燥(花粉対策・部屋干対策など)
・押入れなど収納のスポット除湿
天気アイコン
●夏 梅雨〜夏メインなら【コンプレッサー方式】
夏場に向けて使うなら、気温が高い時に除湿能力が高く、室温があまり上がらないコンプレッサー方式がイチ押し!スポット冷房など、簡易的に涼しさが得られる機能が搭載されていると、より便利です。
・外気温が高くても除湿能力が高いこと
・押入れなど収納のスポット除湿
・衣類乾燥機能(部屋干し対策)
・室温を上げないこと
・冷風機能 など
●秋 秋の長雨、肌寒い時中心なら【ハイブリット方式】
春と同じく、気温差が激しい秋にも温度に関係なく湿度を下げてくれるハイブリッド方式が便利!部屋干しが多くなる時期に使える乾燥機能があれば、さらに効果的です。
・衣類乾燥(長雨による部屋干対策など)
・気温に影響されず除湿できること
●冬 冬メインなら【デシカント方式】
冬は外気温との差で生じる結露対策がメインとなります。低温時の除湿能力が高く、室温もやや上がるデシカント方式がまさに最適!また寒い地域では、洗濯物を室内に干すことも増えるので、衣類乾燥機能が充実しているととても便利です。
・室内の結露対策に有効なこと
・雪国や寒い地域では、衣類乾燥機能
・室温を下げない
●一年中 年中使うなら【ハイブリット方式】
通年使う家電として考えるなら、どんな気温でもしっかり除湿ができるハイブリッド方式に限ります。家のあらゆる所で使うことも考えると、本体の移動のしやすさも必要です。さらに、自動OFF機能や、湿度により運転を制御する「自動運転モード」などの省エネ性能も考慮して選ぶと◎!
・どんな条件でも除湿能力が落ちない
・衣類乾燥機能やスポット除湿など
・あらゆる条件で使いやすいこと

●メーカー別商品


パナソニック
コロナ
アイリスオーヤマ
三菱

【→全メーカーの商品はコチラから】

使う場所・使い方

空気清浄機を買った後に間違った置き場所に置いたり、掃除をしないと効果が半減したり、故障の原因になる場合もあります。効果的な置き場所や掃除方法について紹介します。

●居間

広い空間では除湿パワーが大きいものが必要。除湿量の多いコンプレッサー式がおすすめです。

●寝室

就寝時も運転するのであれば、運転音が気になります。コンプレッサーの無いデシカント方式が静かでおすすめです。ただし、夏場は室温が上がるので、エアコンと使い分けすると◎。

●移動して使う

移動しやすいコンパクトサイズがおすすめです。または、キャスター付きやハンドル付きも便利に使えます。

●押入れなど収納を除湿したい

送風板の角度によりスポット的に除湿できるタイプや、スポット用のアタッチメント付きなどが付いたものがおすすめ。

●留守の間にも運転したい

タンクが満水になると自動的に運転を停止するので、タンク容量の大きいものを選びましょう。

●簡易冷房としても使いたい

室内全体を冷やすことはできませんが、スポット的に冷風が出て涼むことができるタイプがあります。除湿方式はコンプレッサー式になります。

手入れ方法・電気代
手入れ方法・電気代

除湿機に貯まった“水”は捨てなくてはなりません。毎日のことになりますので、使い勝手とメンテナンスについて、確認しておきましょう。

●メンテナンス・お手入れ

<タンクや本体のサイズ>

タンク容量が大きいほど水を捨てる回数も減り、管理が楽になりますが、その分本体も大きくなります。置くスペースや持ち運びも考慮して選びましょう。

<タンクの取り外し>

タンクの水捨ては日々しなくてはなりませんので、取り外しのしやすさ、持ち運びやすさ、水の捨てやすさ、などが重要なチェックポイント。また、タンクの洗いやすさも合わせて確認したいですね。販売店でタンクの取り外しを試してみる事をおすすめします。

<その他のメンテナンス>

除湿器により、除菌・空気清浄機能などがあるものもあります。そのため、機種により必要となるフィルターや付属部品のメンテナンスは異なります。購入前に確認しておきましょう。

●電気代

コンプレッサー方式の方が熱を発するデシカント方式より省電力となっています。電気代という点だけで比較すれば、コンプレッサー方式が低コストとなります。長時間使う場合には、気をつけたいポイントです。

掃除方法

ページトップへ戻る